【基礎知識】家賃交渉をする時のコツ

"もし値下げの交渉を考えているのでしたら家賃と礼金の2つとなります。
これら2つの値下げ交渉というのは、よっぽどのことが無い限り難しいので、あまりしつこく値下げ交渉をするのは避けましょう。

 

値下げの交渉をする時には必ず合計支払金額で計算するようにしてください。
賃貸契約期間は一般的に二年間となっていますので、値下げ交渉は2年間単位で計算をするようにしましょう。交渉をすることが出来るものは家賃、礼金、敷金の3つとなります。
しかし敷金というのは一時的に大家さんに対して預けるお金で最終的には返還されますので、値下げ交渉をしてもあまり意味が無いかもしれません。"



【基礎知識】家賃交渉をする時のコツブログ:2019/9/08

シェイプアップをするときには、
適度な体操ということが必須になってきます。

特に有酸素体操を取り入れることによって、
脂肪の燃焼しやすい体質を手にいれることができます。

有酸素体操の中には、
エアロビや水泳といった体操が含まれてきます。

中でも人気の高い有酸素体操として、ジョギングがあります。
ジョギングは思い立った日から体操を開始することができます。

また、
どんなに体操が苦手の人であっても、走ることはできるはずですから、
誰でも気軽にはじめることができるところが、支持されているのでしょう。

ところで、ジョギングについては、
外に出てジョギングするという方法と、
ジョギングマシンを使って、
スポーツジムなどの屋内でジョギングをする方法があります。

後者は毎日仕事があって、
日中はジョギングの時間を割くことができない人が
多く利用している方法です。

一見、両者ともに走るという同じ体操をやっているわけですから、
シェイプアップの効果についても大差はないように思われます。

でも、屋外でジョギングをしたほうが、
より多くのカロリーを消費することができるんですよ!

マシンを使ってジョギングする場合、
ベルトコンベアによって、体質が流れるところが問題なんです。

マシンはベルトコンベアを使っているので、
体質は常に後ろのほうに流れてしまいます。
足の運びについても常に後ろに流れますから、
正常な姿勢をとることができません。

ジョギングは体質全身の筋肉を使う体操なのですが、
マシンは後ろに流れてしまうために、
すべての筋肉を効率的に動かすことができずに、
結果的にカロリーの消費ペースが悪くなるのです。