【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェック

【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェック


【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェック
"雑誌を見て希望に近い部屋があれば、不動産会社に連絡すれば良いのですが、そうでない場合は条件を考え直す必要もあります。
自分が考えている予算内で物件が見つからないようでしたら、条件を少々広げて再度探してみてください。

自分の物件条件の幅を広げることでより良い物件に巡り合うことがあります。
中には「絶対にこの決めた条件を譲ることは出来ない」という人もいるかもしれませんが、その場合には予定賃料を上げるしか方法は無いのです。不動産屋の担当者に条件出しをしたら、その条件が現実的かどうかをチェックしてみることが大切です。
実際に不動産屋を利用する前に、ネットや情報誌などである程度の物件の目星を付けておくとスムーズな物件探しが出来ます。"



【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェックブログ:2020/1/13

名古屋から息子を連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきった僕たち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70~80歳くらい。

気にはなっていたが僕の席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのまま僕も座っていた。

すると僕の家内が大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは家内にお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
僕たち家族はそこで降りたわけだが、
そこで僕は家内に聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
僕も気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた家内は
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたの父親や母も
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

僕は目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。

【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェック

【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェック

★メニュー

【基礎知識】家賃交渉をする時のコツ
【基礎知識】賃貸契約する時には審査がある
【基礎知識】良い不動産屋の条件
【基礎知識】ターミナル型の不動産屋
【基礎知識】流通物件と独自物件の違い
【基礎知識】良い賃貸物件選びの近道
【基礎知識】貴方の条件が現実的かをチェック
【基礎知識】賃貸マンションを選ぶメリット
【基礎知識】賃貸の物件情報で費用面を確認
【基礎知識】物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)若者に大人気☆賃貸大集合